2016年も終わります。

年が開けると実習公演が続きます。舞台を創るということは稽古を皆でしなくてはいけませんので、稽古ができないとなると本番はできないということですので、せめてそれだけはわかって卒業してもらいたいと思っています。1時間ドラマは1時間じゃできないし、1時間の舞台も1時間稽古しただけでは勿論できません。皆さん、色々あると思いますが稽古する時間をつくるようにしてください。やってくれなどと言われることなんてこの時期以外ありませんから、わたしもこの時期が終わると絶対にやってくれとは言わないよ。外でどれだけの人に『やらなくていいです、どうもありがとうございました』言っていることでしょうか…言いたくなるのをこらえてとりあえず学生達を信じて『最後までやってください』と言って観ています。

なんで、本当に公演ができるかどうかもわからない状態ですが、皆がこれから頑張ってくれることを信じるしかありません。信じたいと思います。

ぜひ、皆様D館ホールに足を運んでいただければと思います。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s