25期卒業舞踊『知られない日』

 

無事の終了いたしました。よかったです。みんなよく頑張りました。頑張った8人に感謝。そうして、目撃してくださった先生方、先輩方、同期、後輩、家族、友達の皆様本当にありがとうございます。それぞれに、それぞれが好きな道に…とにかく何が何でも卒業!!みんなのこれからが幸せであることだけを祈ってる。

25期卒業舞踊『知られない日』チラシ清水俊洋さんにデザインしていただきました!素敵すぎる!

ひとつづつ公演が終わっていきます。25期舞踊矢内原ゼミはいよいよ大学での最後の舞台を迎えます。是非とも、皆さんに近畿大学D館3階ホールに足を運んでいただきたいです。ダンスを踊り、創るということが他人のことを考えたり、コミニケーションや教育、社会のことを考えたりすることにつながっていってもらいたいという思いから創作の授業ではだいたいわけのわからないことを言っていますが、きっと学生達は「何をこの人は言いたいのだ?」と1回生の頃は思ったと思います。大学で演劇やダンスを学ぶということは、やはり街のダンススタジオや養成所でやっている自分を磨くということだけではないはずです。色々な視点を持ち続けるということだけは4年間変わらず皆と一緒に話しあえてやってこれたのではないかと思います。

みんなが1回生の時は、色々あって授業の中身を変えなくてはいけない状況にあり、自分の思うような授業展開ができずかなり迷惑をかけました。しかし、この4年間で創作実習がはじめられたこと、授業の中で公演ができるような環境を皆がつくってきてくれました。皆それぞれに素晴らしい個性を持っていて本当に大好きな学生達とお別れするのは悲しいですが、それぞれの道に進んでいくと思います。最後の稽古が学生達は続きますが、それもあと少しです。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s