26期授業内発表サラダバイキング終了

サラダバイキング終了しました。みんないろいろな事情をかかえて舞台にいる。それがいい意味でも悪い意味でもわかる舞台でした。1回生1人、1人が授業内発表であっても創っているということが実感できたし、難しい早口に挑戦したり、いろいろ考えながら台詞をはく人、身体を使う人がいたのがよかったし、それが私には救いだった。まぁ、いろいろ失敗はありますが、後悔が残らない舞台などないと思いますので、次は稽古し失敗をしないことを目標にとりかかって下さい。親や友達、近畿大学のみんなが観に来てくれて劇場がいっぱいになったことに感謝です。来てくれた皆さん、手伝って下さった葛西先生をはじめ、久保ちゃん、幸野くん、竹内さん、廣井さんありがとうございます。

私個人としては、参加学生の祖父がなくなり「バタバタしてすいません」という親御さんの言葉と『今消えてゆく光があるでしょう』という台詞がかさなり、きっと学生の祖父はこの授業発表を観に来ている気がして、不自然にあく西堂先生横のセンター椅子に座っている気がして泣けてきた。でも、その不自然にあいたセンターの椅子をじっと見ていると、学生の亡くなった祖父が確実に座って、その学生やみんなのことをみていると確信してたりした。

みんながいろいろな人と関係してこの瞬間をつかみとってくれればと、楽しいと思えることには絶対に苦しいことがつきまとうけれど、苦労して、もうやりたくないと思う所までくることが大切なわけで、そこにむけて必死になにかをやれれば、きっと『瞬間!・瞬間!』わたしたちは何をみて、なにをつかみ、どうやって生きていくの?『瞬間!』最後の数行は私がみんなをみていて書いた台詞『瞬間』しばらく忘れられない言葉がコダマするね。みんなテスト頑張って、また後期にともに舞台をつくれることを期待。

写真はかなり暗いシーンなどは撮ることができず。ボケタリしてますがゆるして下さい。

This slideshow requires JavaScript.


salad_L

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s