2014基礎ゼミで映画館に

今映画館でおこなっている円卓、渇き、罪のてざわり、マレフィセント、アナ雪、オール・ユー・ニード・イズ・キルといろいろ観ました。日本映画はやっぱり面白いと矢内原自身は感じております。ハリウッドがディズニー悪いとは思いませんがそれが、でも今流行ってるけどどうした?みたいな映画でした。(悪口じゃないよ、ただ心が汚れている私には不向きでした。はい。)不思議に思うこと家族の絆とか小学三年だった自分、そうして誰の中にひそむ暴力、もうみたくないと思う人もいるかもしれませんが、暴力を受け入れられない人は人がどれほど暴力を秘めているかを理解してないからだと思う。理解していれば受け入れることもできるでしょう。不思議も暴力も。私は大好きだ!日本映画っていいね♡みんな是非みてね!
20140715 01
なのに日本映画は映画館で1ヶ月もやってくれない、1ケ月前にゼミで行く計画したんですけど…やっといて下さい(涙)

そうして罪の手ざわり、上海ビエンナーレ2004で彼の映像をみた時は衝撃でした。中国を代表する監督に!悲惨、どうしても貧しさから抜け出すことができないこの悲惨さをどうにかしたいという気持ちと、いろいろ複雑、大好きな中国だけに中国って….

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s