2013近畿大学初のフラッシュモブ

なんとなくフラッシュモブの話をしていて22期吉川さんがフラッシュモブをオープンキャンパスでやりたいと企画しました!もちろん4回生の女子4人だけなんて時もあり、1〜3回生に協力してもらい大々的にやることもあり、とてもよかったと思います。私もまもなく近畿大学の1回生でつくったフラッシュモブを簡単にして池袋近辺で皆さんが色々な場所でやってくれます。みんなが東京だったら観てもらったり、参加してもらったりするのになぁと思います。

矢内原のモブはこんな感じに近大でやったことを練習しましたよ!参加者が100人いるとは知らなかった。大混乱ですが皆さん短期間で頑張ってくれました!素敵な出会いをありがとう。

本番は色々な所で



すごく長くなってしまった。最後の東京芸術劇場前の広場には沢山の人が集まって観ていてくれた。
参加者の100人それぞれのいらなくなってしまったもの、何故?それがいらなくなったのか?時間というものは確実にすぎていて、1人1人がそのなかで生きているということをやりたかった。多分、今日ここに皆が集まってくれたのは奇跡だと思うからどうしても1人1人の思い出としてやっておきたかったし、それをみているグルット取り囲む観客200人いやもっとかな?とにかく足をとめて、自分の時間について考えてもらいたかった。時々はいってくれたりして本当にありがとうございます。えーモブって楽しく踊るだけじゃないの?と思う人もいるかもしれないけど、そこは矢内原がやりますので日常と時間についてやりました。6分すぎからようやく始まる。皆が歩いては止まる。歩いては止まる。なんでもない動きですが、観ている人がどんどんはいってぐるぐる回る所は走ってる人が200人くらいいたんじゃないかな?共有する時間、1人の時間、生きている限り世界と無縁でなんていられない!ということを皆が教えてくれた。モブらしくないモブ、皆さん素敵だった、寒いけど楽しかった!みんなに感謝!

ちなみに近大でやった前期のフラッシュモブの稽古風景

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s